TMC300S

概要


TMC300の除雪装置付タイプ。東北地方や北海道などに多く存在する。

TMC200系までは空圧にて行っていた、除雪装置のウイングの開閉およびフランジャーの上下が当形式より油圧に変更されている。
ラッセル装置は抱え込み式で、機関室脇デッキが省略されていることが特徴。ただし、1999年頃にTMC300同様のモデルチェンジが行われ、取り外し式のデッキが装備されるようになった。

製造番号はTMC300からの続番。
 
 
諸元


■ エンジン

エンジン名称 いすゞ E120T
エンジン出力 235[PS]/2,000[rpm] ※

 
■ 牽引性能

勾配 積載重量 牽引重量 単車積載時 重量牽引時
水平線 2.5[t] 250[t] 50[km/h]以上 45[km/h]以上
10‰ 2.5[t] 220[t] 50[km/h]以上 10[km/h]以上
25‰ 2.5[t] 100[t] 50[km/h]以上 10[km/h]以上

 
■ 除雪性能

ラッセル除雪幅 4,500[mm]

 
 
参考文献


1)松田務 『MC -一般型モーターカー見聞録-』, トワイライトゾ~ン マニュアル11, ネコ・パブリッシング, (2002)