TMC400AS

概要


1990年から登場したTMC400Aの除雪装置付機種。

基本構成はTMC400Aと同一であるが、除雪装置を持つために外見に差異がある。
除雪装置の拡幅翼が、格納時に機関室すぐ脇まで収まる。このため、機関室横のデッキが切り欠かれており、折り畳みのデッキが備わる。また、キャブ内の前位に向かって左側に除雪操作盤が配されている。

すべてJR東日本向けに製造されており、現在ではJR東日本から軌道保守会社へ所有が変更となったもののほか、第三セクター鉄道などへ譲渡されるものがある。
製造番号はTMC400Aの続番。
 
 
諸元


■ 寸法

長さ(冬姿) 8,250[mm](10,208[mm])
2,990[mm]
高さ 3,945[mm]
軌間 1,067[mm]

 
■ エンジン

エンジン名称 いすゞ E120T
エンジン出力 235[ps]/2000[rpm]

 
■ 牽引性能

勾配 牽引重量 単車積載時 重量牽引時
水平線 0.5[t] 250[t] 50[km/h]以上 45[km/h]以上
10‰ 0.5[t] 220[t] 50[km/h]以上 10[km/h]以上
25‰ 0.5[t] 100[t] 50[km/h]以上 10[km/h]以上

 
■ 排雪性能

除雪幅 4,500[mm]

 
 
参考文献


1) 杉山真一郎 『線路の保守に欠かせないスーパーカー 400A・400AS 軌道モータカー(一般用・ラッセル用)』, 鉄道ファン, 通巻373号, (1992/5)
2)松田務 『MC -一般型モーターカー見聞録-』, トワイライトゾ~ン マニュアル11, ネコ・パブリッシング, (2002)
3)松田務 『モロ、ハイモ』, トワイライトゾ~ン マニュアル14, ネコ・パブリッシング, (2005)