貨物型モータカー


1956(昭和31)年に大型軌道モータカーTMC100系列が登場する以前から使われていたモータカーのうち、最も大型のものが貨物型モータカーである。これは1935(昭和10)年に規格決定がなされたもので、重量品の運搬を可能にする目的で開発された。車体前頭部に全室式の運転室を備え、車体後部は荷台になっており、数台のトロを牽引する能力がある。構造や部品は自動車に近いが、前後等速で走行することが可能。車体左右には簡易ターンテーブル取り付け用のレールを装備している。

貨物型モータカーは戦後も製造され続け、大型軌道モータカーが普及するまでは保守作業用動力車の代表格となっていた。1952(昭和27)年にはディーゼルエンジン搭載型が登場し、1954(昭和29)年ごろには車体下部に自動転向装置(ターンテーブル)を装備したものが現れるなど、改良を受けつつ1970年代まで生産が続けられた。国鉄工場のほか高田機工、東京瓦斯電気工業、大阪発動機製作所、金剛製作所、川崎車両、松山自動車工業、堀川工機、酒井工作所など多数のメーカーが製造を手掛けている。

なお、貨物型モータカーは軍用としても多数が製造されていたようで、日本軍がアジア・太平洋地域で使用している写真や映像が多数残されている。

以下の写真と性能表は工業雑誌社(1936)に依る。

 

■貨物A形

自重 2,600[kg]
乗車人員(運転手含む) 6
積載荷重(乗車自人員含む) 2,500[kg]
牽引荷重(平坦線) 6,500[kg]
速度(平坦線、単車全荷重時) 45[km/h]
速度(平坦線、牽引全荷重時) 40[km/h]
最大長×幅×高 3,522×1,968×2,410[mm]
床面長×幅×高 3,200×1,800×640[mm]
軌間 1,067[mm]
担いばね 重ね板ばね式(軸箱守付き)
クラッチ 乾燥多板式
変速機 選択歯車式
変速段数 前後とも4
逆転機 傘歯車式
ブレーキ装置 足および手ブレーキ
制輪子2軸4輪作用
燃料タンク 45[l]

 

■貨物B形


写真は貨物B-2形

自重 1,700[kg]
乗車人員(運転手含む) 7
積載荷重(乗車自人員含む) 1,500[kg]
牽引荷重(平坦線) 3,500[kg]
速度(平坦線、単車全荷重時) 45[km/h]
速度(平坦線、牽引全荷重時) 40[km/h]
最大長×幅×高 3,152×1,856×2,195[mm]
床面長×幅×高 2,800×1,700×660[mm]
軌間 1,067[mm]
担いばね スプリング式(軸箱守付き)
変速・逆転 フリクションドライブ式自由変速
ブレーキ装置 足および手ブレーキ
制輪子2軸4輪作用
燃料タンク 40[l]

 

文献

伊地知 堅一(1954):「保線用車両(2)」,『交通技術』No.97,pp.38-40.
工業雑誌社(1936):「鉄道用モーターカー」,『工業雑誌』Vol.72,No.909,pp.22-25.
松田 務(2002):「MC:一般型モーターカー見聞録」,『トワイライトゾーンマニュアル』No.11,pp.138-162.
丸山 達夫・杉山 実(1955):『保線機械の構造と取扱』,交友社.