WD-H15CTA


電気作業を行うための作業台を運転室屋根上に備えた軌道モータカー。
油圧走行機能を搭載しており、低速走行を行うことができる

 

諸元

全長:8025[mm] 全高:4035[mm] 全幅:2730[mm] 軸距:3500[mm] 軌間:1435[mm] 車輪径:762[mm] 重量:15[t]

 

エンジン

いすゞ自動車 6HK1XQA(185[kw]/2000[rpm])
水冷4サイクル直噴式(ターボチャージャーインタークーラー付)
シリンダ数-内径x行程:直6-φ115[mm]x125[mm] 総排気量:7790[cc] 最大トルク:879[Nm]/1700[rpm]

 

トルクコンバータ

日立ニコトランスミッション TDCN-22-1015
3要素1段形2相形(エンジンブレーキ用フリーホイール付)
ストールトルク比:2.7
変速機:平歯車常時噛合方式 正転・逆転等速2段
減速比:1速 2.318 2速 0.977
作動方式:油圧操作による湿式多板クラッチ方式
切換方式:電磁弁(DC24[V])手動操作装置付

 

終減速機:曲がり歯かさ歯車による一段減速機構(減速比:4.875)

 

空気圧縮機:ナブテスコ C-600

 

制動装置

主ブレーキ

足踏み式ディスクブレーキ

足踏み式ブレーキバルブの操作量に応じた空気圧力がリレーバルブに作用することで、補助空気溜からエアーブースターに圧縮空気が流入し、油圧を介して4輪のブレーキキャリパに作用する。
動作圧力は0~0.3[MPa]。

補助ブレーキ

勾配ブレーキ
勾配区間で停止する際に使用する。4輪全てのディスクブレーキが作用する。
動作圧力は0.4[MPa]。

フェルセーフ型駐車ブレーキ
短時間駐車、転動防止に使用する。バネチャンバにより制動させるもので元溜圧低下時及びスターターキーOFF時には自動的に制動する。
動作(開放)圧力は0.6[MPa]。

 

油圧装置

油圧ポンプ:ボッシュ・レックスロス A4VG サイズ71
油圧ポンプ:ボッシュ・レックスロス GXPO-30
油圧モータ:ボッシュ・レックスロス A2FM サイズ45
油圧式クレーン:古河ユニック URA224

 

固定作業台:床面積 1600[mm]x4000[mm] 伸縮式手摺高さ:900[mm](伸長)

発電機:ヤンマー建機 YDG350VS-6E(AC100[V]/15[A])

インバーター:電菱 SK2000-124(AC100[V]/20[A])

エアコン:富士通ゼネラル AS-A223H

 

走行性能

勾配  牽引荷重  単車速度  牽引速度
00[‰]   20[t]  50[km/h]  57[km/h] 30[‰]   20[t]  50[km/h]  30[km/h]

 

参考文献
1) 堀川工機「神戸市交通局殿向 電気作業車(軌道モータ-カー) WD-H15CTA 取扱説明書 G=1435」(2014.5 改訂版)
2) 堀川工機「B12582-03 電気作業車外観図」(2014.3)
3) 堀川工機「B12581-01 動力伝達図」(2014.3)