MCR400-W


富士重工最初で最後の軌道モータカーロータリー
MCR400-WのWはWestと推測される。
新潟鉄工のMCR-400を元に製造されたと推測される。
2000年頃から製造された。

製造番号は1号車からである。

外観上の差異としては

ロータリー側運転室窓(角型)
前照灯(ケース一体型)
運転室四隅の処理(丸み)
機関室幅(広)
ロータリーウイング開閉シリンダ(外側)
排気管の本数(2本)

等が挙げられる。

諸元

走行性能

勾配  牽引荷重  単車速度  牽引速度
0[‰]  290[t]  58[km/h]  46[km/h] 10[‰]  110[t]  57[km/h]  33[km/h] 25[‰]   80[t]  57[km/h]  21[km/h]

 

参考文献

トワイライトゾ~ン MANUAL14 p322「モロ、ハイモ」