MCR-4A


MCR-4の改良型である。
1982年頃から1992年頃まで製造された。

MCR-4ではエンジン始動の際に運転台右脇のレバーを操作してデコンプを行う必要があったが、MCR-4Aでは不要となった。
またMCR-4では床下から伸びるレバーの操作で除雪装置(ブロワ)の速度を切り替えていたが、手元の除雪操作盤で切り替えられるように改良されている。

製造番号はMCR-4からの続番である。

 

諸元

■ 寸法・重量

長さ 12,555[mm]
2,800[mm]
高さ 3,685[mm]
軸距 4,500[mm]
軌間 1,067[mm]
自重(夏姿) 20[t]
自重(冬姿) 25[t]

 

■走行用エンジン

エンジン名称 いすゞ E120
エンジン出力 202[PS]/2000[rpm]

 

■除雪用エンジン

エンジン名称 いすゞ 8MA1
エンジン出力 260[PS]/2000[rpm]

 

■牽引性能

勾配 牽引重量 単車積載時 重量牽引時
水平線 160[t] 55[km/h]以上 47[km/h]以上
10‰ 110[t] 52[km/h]以上 19[km/h]以上
25‰ 60[t] 48[km/h]以上 16[km/h]以上

 

■除雪性能

最大除雪量 1800[t/h]
ロータリー除雪幅 4500[mm]
ラッセル除雪幅 3600[mm]

 

参考文献

1)松田務 『モロ、ハイモ』, トワイライトゾ~ン マニュアル14, ネコ・パブリッシング, (2005)

2)秋田内陸縦貫鉄道ブログ『MCR-4型の紹介』
http://blog.livedoor.jp/nairikutetu/archives/50957254.html
(2018/05/28)