N-MCR-600


本形式は狭軌タイプである。

製造番号は6001号車から順に付与される。

個体ごとの差異としては、

ロータリー側運転室の前面窓形状(縦長/正方形)
開戸の窓の枚数(1枚/2枚)
運転室側面の窓形状(五角形/台形)
機関室側面ルーバーの形状(丸形/角型)
ブレーキ(両抱え式/ディスク)
床下の防雪カバー(有/無)
霜取りパンタ(有/無)
夏姿時のロータリー側作業台(有/無)

などがあげられる。

初期型は

ロータリー側運転室の前面窓形状が縦長
開戸の窓の枚数が2枚
運転室側面の窓形が五角形
機関室側面ルーバーが丸形

となっている。

後期型は

ロータリー側運転室の前面窓形状が正方形
開戸の窓の枚数が1枚
運転室側面の窓形が台形
機関室側面ルーバーが角型

となっている。

1997年以降の北海道のN-MCR600にはマルチプラウと呼ばれるラッセルを装備している物がある。
このマルチプラウは翼が変形することで、一般的なV字ラッセルだけでなく、片流れや逆V字形態とすることができる。

諸元

冬姿:30[t]

エンジン:カミンズKTTA19C(560ps/1800rpm)
出力が(600ps/1800rpm)に引き上げられた個体も登場している。

走行性能

勾配  牽引荷重  単車速度  牽引速度
0[‰]   290[t]  55[km/h]  43[km/h] 10[‰]  110[t]  55[km/h]  30[km/h] 25[‰]   80[t]  52[km/h]  19[km/h]

除雪性能

最大除雪量:3300[t/h] ロータリー除雪幅:5200[mm] Vラッセル除雪幅:4500[mm] 逆Vラッセル除雪幅:4300[mm] 片流れラッセル除雪幅:4400[mm]

 

参考文献

トワイライトゾ~ン MANUAL14 p322「モロ、ハイモ」