MCR-601A

概要


MCR-600の標準軌向け機種。仕様の異なる2タイプを包括している。
製造番号6000番代の山形・秋田新幹線向けは、MCR-600A系に準じた仕様である。
製造番号8000番代の東北・上越新幹線向けは、2014年2月の首都圏における豪雪への反省から導入されたものであり、MCR-600E系に準じた仕様である。

山形・秋田新幹線向けは転車台装置・横取り装置が省略されているが、東北・上越新幹線向けは転車台装置が装備される。
機関室上面形状は、山形・秋田新幹線向けは傾斜形状、東北・上越新幹線向けは直線形状となっている。

東北・上越新幹線向けは、ロータリー除雪装置の掻寄せ翼の上方が大きく斜めにカットされた形状になっていることが特徴である。

 
諸元


■ 牽引性能(山形・秋田新幹線向け)

勾配 牽引重量 単車 牽引時
水平線 250[t] 55[km/h]以上 45[km/h]以上
10[‰] 220[t] 55[km/h]以上 20[km/h]以上
25‰ 100[t] 50[km/h]以上 20[km/h]以上
30‰ 80[t] 30[km/h]以上 20[km/h]以上
40‰ 60[t] 25[km/h]以上 20[km/h]以上

■ 牽引性能(東北・上越新幹線向け)

勾配 牽引重量 単車 牽引時
水平線 250[t] 50[km/h]以上 45[km/h]以上
10[‰] 220[t] 50[km/h]以上 10[km/h]以上
25‰ 100[t] 50[km/h]以上 10[km/h]以上
30‰ 80[t] 30[km/h]以上 10[km/h]以上

 

 
参考文献


1)森正明, 『JR東日本における機械除雪』, 新線路, 69巻11号, 鉄道現業社, (2015.11)
2)JR東日本, 『新幹線および首都圏在来線における雪害に対する取り組みについて(2014年5月8日配信)』, https://www.jreast.co.jp/press/2014/20140504.pdf
 


■ 山形・秋田新幹線向け


 


■ 東北・上越新幹線向け