SW


架線の延線作業を行う電気作業車。
SWはStretchWagonの略である。

旧来のSWの銘板が”延線車”なのに対し新型のSWは銘板が”電気作業車”である。
新型のSWはPlasser&TheurerのCEMの後継として製造された。
製造番号は1~から付与されており、旧来のSWと区別がなされている。

外観上の特徴は車両長の長さとトラス状の補強が挙げられる。
車両には架線を延線/回収するための架線延線装置が搭載されており、1600[m]分の架線を巻いたドラムを搭載することができる。

販売価格:2.5[億円/両]

諸元

重量:58.0[t]

走行性能

勾配  牽引荷重  単車速度  牽引速度
0[‰]   60[t]  85[km/h]  70[km/h] 15[‰]   60[t]  30[km/h]  20[km/h] 30[‰]   60[t]  20[km/h]    5[km/h]

 

 

参考文献
ドクターイエロー&East-i 新幹線事業用車両徹底ガイド p49「鷲宮保守基地 保守用車カタログ」

JR北海道 「北海道新幹線で使用する主な保守用車等の導入について」
https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151009-1.pdf