TMW-E

トンネルのコンクリート覆工内部の欠陥を調査するトンネル覆工検査車。
JR東日本テクニカルセンターと三井造船の共同研究を元に製作された。
愛称は「CLIC(Concrete Lining Inspection Car)」。

フル規格新幹線の複線円形断面トンネルで、新幹線車両限界の外方+200[mm]の範囲に落下する可能性のある覆工面を14分割し計測を行う。
3基のレーダ(1基あたりの測定幅:3[m])で測定するため、同じ個所を3往復走行する。

測定装置として3基のマルチパス方式レーダを備える。
スライドアームに装着された2基は円弧状に展開される。オフセットアームに装着された1基は直上へ伸び、アーチ部へ展開し検査を行う。
マルチパス方式レーダは40[cm]までのコンクリート覆工内のひび割れ、空洞、ジャンカ、浮き等の欠陥を3次元的に検出できる。

 

諸元

全長:15.1[m] 全高:4.00[m] 全幅:3.35[m] 重量:32.9[t]

測定走行速度:3.5[km/h]

勾配  牽引荷重  単車速度  牽引速度
00[‰]   50[t]  50[km/h]  45[km/h] 10[‰]   50[t]  50[km/h]  45[km/h] 30[‰]   50[t]  40[km/h]  15[km/h]

 

参考文献
JR東日本「トンネル覆工検査車(新幹線用)の導入について」
https://www.jreast.co.jp/press/2004_1/20040702.pdf

建設の施工企画2011年6月号
JR東日本「電磁波レーダを用いたトンネル覆工検査車の検証」
http://jcma.heteml.jp/bunken-search/wp-content/uploads/2011/2011-06.pdf