JR西日本テクノスの確認車


JR西日本テクノスでは設立以来、検査・修繕業務を主体として行ってきたが、同社が自社にて開発・製造を行う初の大型案件として製造されたのが高速確認車 HSC500 である。

高速確認車 HSC500 はJR西日本管内の山陽新幹線・北陸新幹線に採用された他、九州新幹線向けとしてケイ・エス・ケイに部品販売が行われた。