R600


■概要
非接触式限界支障検知システムを備えた確認車。
箱型車体に多くの前照灯が装備されているのが特徴で、2015年の北陸新幹線開業時に導入されたのを皮切りに北海道新幹線・東北新幹線・北陸新幹線・東海道新幹線・山陽新幹線への導入が確認されている。

 

■バリエーション
同型式の中で大きく分けて2種類の車体形状があり、JR東日本のパートナー会社が東北新幹線・北陸新幹線で導入している前面が前に傾斜しているタイプと、北海道新幹線・東海道新幹線・山陽新幹線で導入されている前面が後ろに傾斜しているタイプが存在する。

 

■支障物検知装置
従来の確認車は検知棒が支障物に物理的に接触することで支障物の有無を検知していたが、本形式ではIHI製の非接触式限界支障検知システムを搭載しており、検知棒と併用して支障物を検知することが可能である。2)
検知方法として、遠距離カメラ、近距離カメラ、三次元レーザーレーダを備えており、400m先の支障物を検知することができる。


△接触式限界支障検知装置
出典:文献 1)


△非接触式限界支障検知装置
出典:文献 1)

 

■除雪装置
北海道新幹線タイプとJR東日本タイプには除雪装置が装着されている。

 

諸元

■ 走行性能(JR東日本タイプ)

勾配 牽引重量 単車時 牽引時 積載荷重
水平線 150[t] 120[km/h]以上 90[km/h]以上 0.5[t]
10‰ 150[t] 105[km/h]以上 35[km/h]以上 0.5[t]
20‰ 150[t] 90[km/h]以上 25[km/h]以上 0.5[t]
30‰ 150[t] 75[km/h]以上 14km/h]以上 0.5[t]

 

■ 走行性能(北海道新幹線タイプ)

勾配 牽引重量 単車時 牽引時 積載荷重
水平線 160[t] 120[km/h]以上 40[km/h]以上 2.0[t]
12‰ 160[t] 110[km/h]以上 20[km/h]以上 2.0[t]
25‰ 160[t] 70[km/h]以上 10[km/h]以上 2.0[t]

 

 

参考文献
1) 第一建設工業「鉄道の守(も)り人 ~暮らしを支え 明日へつなぐ~」
https://www.daiichi-kensetsu.co.jp/news/3500/

2) IHI 特開2016-88183「支障物検知システムおよび鉄道車両」
https://patents.google.com/patent/JP2016088183A

3)森政明『新幹線確認車 R600型』,新線路,70巻,5号,鉄道現業社,(2016.5)