MTT-17


昭和39年に登場した電マル。MTT-15Aを改良したMTT-17A、17Aの油圧系統などを改良したMTT-17Bがある。

前型のMTT-15まで前後車軸間にあったタイピング装置が本車では車体の最前部に移動している。これは後の芝浦製電マルの基本構造となっている。
タイピング装置が前部に移動したことで、それまで行っていた仮づめやジャッキを多用するこう上が不要になり効率が上がっている。
エンジン性能は76.5PS/1800rpmに、発電機は30kVAを搭載し性能の強化が図られており、MTT-15Aで枕木1本あたり15秒だった突き固め時間が12秒程度に短縮されている。
また、急曲線でタイピング装置が横にずれることを防ぐため、タイピング装置を曲線半径に応じて首振りできるようになっている。

参考文献


1)石原一比古 『電マルの生いたち』, 新線路, 32巻4号, (1978年4月)
2)伊能忠敏 『新型電氣マルタイの試験』, 新線路, 18巻2号, (1964年2月)
2)松田務 『マルタイカタログ』, トワイライトゾ~ン・マニュアル5, ネコ・パブリッシング(1996年)