KVP-2000

平成3年2月にJR東日本が国内で初めて導入した道床断面の整形、道床転圧、道床のかき込み、かき出し、道床整理を行える二軸バラストレギュレーター。

走行用として2軸の台車と、作業用として移動式の1軸の台車を持つ。
作業装置として、フロントプラウ、サイドプラウ、サテライト式コンパクタ、道床かき出し機構、バラストスイーパーを搭載する。

 

諸元

全長:15.4[m] 全高:4.10[m] 全幅:2.70[m] 重量:38[t]

エンジン:KHD F12L 413F(310[ps]/2500[rpm])

走行性能

勾配  牽引荷重  単車速度  牽引速度
0[‰]   0[t]  70[km/h]  70[km/h]

 

参考文献

鉄道ファン 1992年3月号 P67「21世紀を担う保線のエースたち⑤ KVP-2000」