RGH10-C4


10頭式レール削正車の中でもC4タイプに分類される車両。両運転台タイプと片運転台タイプがあり、銘板では「SPECIAL」の欄で区別されていると思われる。

諸元(両運転台仕様、RGH10-C4-1)

■寸法・重量

長さ 16,782[mm]
高さ 4,005[mm]
全幅 2,899[mm]
軌間 1,067[mm]
車輪径 860[mm]
自重 53[t]

 
最小対応曲線半径:R100[m](回送)
 
 

■エンジン

CAT C13 DITA
エンジン出力 328[kW]/1,800[rpm]

 
燃料タンク容量:1500[L]  
 

■走行性能

勾配 単車速度
00[‰] 80[km/h]
35[‰] 25[km/h]

 

■制動装置
主ブレーキ:エアー式サービスブレーキ、油圧ブレーキ併用
駐車ブレーキ:スプリング式、機械式手動
 

■制動距離

勾配 制動速度 制動距離
00[‰] 45[km/h] 150[m]以下
35[‰] 45[km/h] 250[m]以下

 

■削正装置

砥石数 10個
砥石用モータ出力 15[kW](最大18[kW])
砥石用モータ回転数 5,500~6,150[rpm]
削正可能角度 ゲージ側75度~フィールド側45度

 

■集塵装置

形式 遠心ファン方式
空気吸入量 8000[m^3/h]
排気中残塵量 5[mg/m^3]

 

参考文献
1)東鉄工業「ハラスコトラックテクノロジー社[米国]製 レール削正車の導入」
http://www.totetsu.co.jp/topics/1835_20081218.pdf
2)伊藤司、磯村修二郎『10頭式レール削正車の概要』,新線路,68巻8号,鉄道現業社,(2014.8)
 


■両運転台仕様


■片運転台仕様