MS0220


ボギー台車と箱型車体を備えた大型のレール探傷車。
東京計器製の探傷ユニットを搭載しており、40[km/h]での探傷走行が可能である。
また、探触子ブロックを個別探触子とすることで継目部の検出精度が向上している。

 

諸元表

■ 寸法・重量

長さ 17,050[mm]
2,985[mm]
高さ 3,825[mm]
軌間 1,067[mm]
自重 44.0[t]

 

■ エンジン

定格出力 221[kW]/2,000min-1
排出ガス対策 第二次基準適合

 

■探傷装置

探傷方式 超音波パルス反射法または透過法
探触子方式 水ギャップ法による摺動型探触子方式
探触子ブロック 個別探触子
ロングレール区間探傷速度 40[km/h]以上
定尺レール区間探傷速度 20[km/h]以上
探傷可能最小半径 150[m]
探傷ピッチ 40[km/h]において2[mm]以下
連続探傷時間 無給油・無給水にて3.5時間以上
水タンク容量 8,000[L]


△探触子配置

 

■その他装備
レール断面磨耗測定装置
マーカーガン装置
45kVA発電機

参考文献

1)松山重車輌工業株式会社『作業車・検測車 | 製品紹介』
http://www.mjk21.co.jp/seihin/sagyosha.html(2020/05/04)
2)堀 克則・今井啓貴『在来線用新型レール探傷車の導入』,新線路,63巻,7号,鉄道現業社,(2009.7)