63_除雪装置付貨車移動機


 

■概要
貨車移動機に除雪装置を付けて、入換作業と除雪作業の兼用を図った国鉄の機械。1962(昭和37)年に初めて試験が行われた。文献によって「除雪装置付貨車移動機」「除雪機付貨車移動機」「除雪機付入換動車」など表記ゆれが見られるが、国鉄における1978(昭和53)年以降の正式名称は「除雪機付入換動車」である1)

大きく分けてスノープロウを用いたラッセル式と、ロータリー除雪装置を用いたロータリー式の2種類が存在する。おおむね、ラッセル式は北海道から東北にかけて、ロータリー式は新潟から北陸にかけて配置されていた。

主な用途は駅構内の除雪とされていたが、支線区では駅間の本線上を除雪することも想定されており、本線上ではモータカー扱いで除雪作業ができるという規定が存在した2)。開発された1960年代初頭において、モータカーラッセルは登場したばかりでまだ数が少なく、モータカーロータリーはまだ開発途上の段階にあった。そのため、貨車移動機に除雪装置を付けて配備することで、除雪用保守用車の不足分を補うことを期待されていたと推測される。

しかし、次第に除雪機械が十分に配備されるようになり、また国鉄貨物輸送の大幅な整理・縮小に伴って貨車移動機の必要性自体が減少し、1980年代以降に新製されることは無くなった。現在は国鉄時代に製造された個体が少数使われているのみであり、また保存機がいくつか残されている。

貨車移動機は保守用車ではないため本来は当DBの掲載対象外である。しかし除雪装置付貨車移動機は除雪用途にも使われる機械であり、上記のように保守用車扱いで使用できる規定も存在したことから、本DBでは保守用車に近しい存在として例外的に掲載する。

■ラッセル式貨車移動機

1)初期の試作車

2)協三工業製
協三工業製ラッセル式貨車移動機(1976年協三工業製)

3)佐藤工業製

執筆中

■ロータリー式除雪移動機

1)試作車

2)協三工業製

3)佐藤工業製

■保守用車と貨車移動機の文化的差異
執筆中

■脚注
1)日本国有鉄道「JRS74021-2F-15AR8M 除雪機付入換動車(ラッセル式)」日本国有鉄道,1978年制定.
2)鉄道日本社「除雪機付貨車移動機」『施設教育』18巻4号,1965年,p.55.