ベースシャーシがメルセデス・ベンツの軌陸高所作業車(ウニモグ)


■概要
この項ではメルセデス・ベンツの軌陸トラックのうち日本国内で存在が確認されている高所作業装置付きのものについて取り上げる。

ただし、この項で取り上げるのは作業床が上下するタイプのもののみでブーム式のものについては別項目を参照のこと。

 

MCDBに投稿されているもので当該項目に当てはまるものは都電荒川線の架線点検用途で使われていたウニモグのみである。このページではこちらの車両について解説する。


△かつて都営荒川線用に存在していたウニモグ高所作業車

なお、当該車両は数年前にエルフベースのものに置き換えられてしまったので現時点でこのタイプの個体の現存は日本では確認されていない。

 

■軌陸装置
軌陸トラックの項でも解説した軌道案内輪方式が採用されている。軌道案内輪方式の概要についてはそちらを参照いただきたいが、この車両の軌道案内輪はボギータイプとなっている。


△ボギータイプの軌道案内輪

軌陸装置の架装メーカーのツヴァイベグ社の関連会社である独ザグロ社のウェブサイトを見ると以下のような表がある。


△様々な種類の軌道案内輪 文献1)より

案内輪の配置からトラムなどの急曲線に対応するための装置であると考えられる。

 

■高所作業装置
上成工業製の高所作業装置が搭載されている。


△上成工業の高所作業装置銘板


△荒川線の日イベントで展示された主要諸元を示す掲示物。

大柄な車体ではあるが、架装をコンパクトにまとめて車両総重量8トン未満の中型車に仕立てている。ブーム式の高所作業車と比較するとアウトリガーが装着されていないが、これは高所作業車の構造要件で装備必須でないからと思われる。アウトリガーレスであることも軽量の車両を作ることに役立っている。

 

参考文献
1) ZAGRO Road/Rail Technology
https://www.zagro-group.com/en/our-company/road/rail-technology.html