砕石散布ホッパー車(遠隔キャビン付)


特 長
1.コンベアにより車体前方より砕石散布が可能。
2.手動式の振り分けシュートによりマクラギ端まで散布が可能。
3.独自のダンプ式荷箱採用により低重心化を実現。

主要諸元
1.自 重・・・・12,000 ㎏
2.最大積載量・・・・12ton/約 6.8 ㎥
3.寸 法
全長・・・・・・・7,640 ㎜(作業時)/6,970(回送時)
全幅・・・・・・・2,730 ㎜(最大)/2,630 ㎜(台枠)
全高・・・・・・・2,860 ㎜(ダンプ時)/2,835 ㎜(通常)
4.車輪・・・・・・・・・固定軸距 3,500 ㎜/φ550
5.対応軌間・・・・・・・1,067 ㎜ (仕様変更可能) (ダンプ式荷箱により低重心化)
6.砕石散布量(例)・・・道床交換時:約 1.0 ㎥/min・砕石補充時:約 0.2 ㎥/min

[出典]

保線機器整備株式会社サイト内カタログダウンロードよりダウンロードした保守車両カタログ
http://www.hosenkiki.co.jp/catalog_04.pdf


MC0703