PC58UUT


■概要
5トン機のPC58UUベースの軌陸バックホウである。
よく目にする機種について以下に解説する。なお下記以外にもPC58UUT-3の存在が確認されている。

 

■PC58UUT-5/PC58UUT-5W
PC58UUT-5 / PC58UUT-5Wは2009年9月に発売となったモデル。
鉄道保線作業などに使用される軌道走行が可能な作業車で,環境対応性,操作性,安全性,信頼性などの向上を図ったもの。オフセットブーム機構をもった油圧掘削機で,狭軌専用仕様のPC58UUT-5と標準・狭軌両用仕様(ゲージ変更スライド機構付)のPC58UUT-5Wにわかれる。
作業,走行ともに油圧駆動方式で,主エンジンに故障が生じた場合に備えて緊急用補助エンジンを搭載しており,万一の場合は,補助エンジンで全ての操作が可能となっている。

 

■PC58UUT-6
PC58UUT-6は上部旋回体に超小型旋回油圧ショベルPC58UU-6をベースに下部走行体に従来機のPC58UUT-5を組み合わせたもので2019年1月より発売となったモデル。特定特殊自動車排出ガス2014年基準の排出ガス規制をクリアしたエンジンを搭載しているほか駐車ブレーキかけ忘れによる逸走を防ぐ車輪自動駐車ブレーキなどを備えている。

 

■ 主要諸元

型式 PC58UUT-5 PC58UUT-6
走行速度(オンレール) 30[km/h] 30[km/h]
最大掘削力 39.2[kN] 39.2[kN]
バケット幅 608[㎜] 680[㎜]
最大掘削高 2,945[㎜] 2,945[㎜]
最大ダンプ高 1,630[㎜] 1,630[㎜]
最大掘削深さ 4,000[㎜] 3,980[㎜]
最大掘削半径 5,660[㎜] 5,675[㎜]
定格出力 28.0[kW] / 2,400[min-1] 27.7[kW]
燃料タンク 80[L] 63[L]
全長 5,680[㎜] 5,755[㎜]
全幅 2,380[㎜](狭軌) 2,355[㎜]
全高 2,750[㎜] 2,635[㎜]
対応軌道幅 1,067/1,372/1,435[㎜] 1,067/1,372/1,435[㎜]
軌道絶縁 四輪絶縁 四輪絶縁
後方旋回半径 1,035[㎜] 1,070[㎜]
機械質量 6,960[kg] 7,350[kg]
JR東日本型式認定番号 KO-01-017改 KO-01-021改

参考文献
1)小松製作所『<オフロード法2014年基準適合> 軌道陸上兼用油圧ショベル「PC58UUT-6」を新発売』
https://www.komatsu.jp/ja/newsroom/2019/20190124(2023.05.14)
2)調査部会『新機種ニュース』,建設の施工企画,No.717,日本建設機械化協会,(2009.11)
3)AKTIO『鉄道機械レンタルカタログ』
https://www.aktio.co.jp/products/cms/booklet/12_railway.pdf(2023.05.14)


 

(PC58UUT-3)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-5W)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-5W)

(PC58UUT-5W)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-3E0)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-3)

(PC58UUT-3)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-5W)

(PC58UUT-3W)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-5)

(PC58UUT-3E0)

(PC58UUT-6)

(PC58UUT-6)