MCR400-W

概要


主に軌道モータカーや電気作業車の老舗メーカとして知られる富士重工業が2000年頃にJR西日本向けに納入した同社唯一のモータカーロータリーである。

1990年代末から2000年代に至るまでJR西日本では、新潟鐵工所・MCR-400を嚆矢とする新潟トランシス・MCR-400、日本除雪機製作所(現:NICHIJO)・HTR400Rといった同一仕様の400馬力級モータカーロータリーの導入を行っていた。MCR400-Wはその中のひとつとして位置づけられる。

この機種は外観―—特にキャブや灯具の形状から分かるように日本除雪機製作所・HTR400Rとよく似ている。それもそのはずで、日本除雪機製作所の社史『創立50周年記念写真 じょせつき』株式会社日本除雪機製作所(2012年)により同社がOEM生産していたことが明かされている。

 
諸元


■ 牽引性能

勾配 けん引荷重 単車速度 重量牽引時
水平線 290[t] 58[km/h]以上 46[km/h]以上
10‰ 110[t] 57[km/h] 33[km/h]
25‰ 80[t] 57[km/h] 21[km/h]

 

 
参考文献


1)株式会社日本除雪機製作所 社史編纂委員会, 『創立50周年記念写真 じょせつき』, 株式会社日本除雪機製作所,(2012)