ホームドア運搬台車


首都圏の駅に設置が進むホームドアを運搬するための台車である。
限られた間合いでホームドアの設置を行うために作業の効率化が図られている。

 

10両編成対応ホームの場合はMC+ホームドア運搬台車4両+確認台車を一編成として運搬作業を行う。

設置されるホームドアは写真のような状態で運搬台車に積込されている。

ラッシングベルトとボルトにより台車に固定されている。

インパクトレンチで固定しているボルトを外すとホームドアが動かせるようになっている。

ホームドアが外されると以下のような状態になる。

車輪が付いた状態で搬送台車から下ろし、ホームの所定の位置まで移動する。

予めホームに設置しておいたボルトでホームドアを固定。車輪及びボルトはインパクトレンチで外して再利用できるようになっている。

勿論ホームドア設置日以前に準備作業は連夜行われているが、作業が非常に洗練されており設置にかかる時間自体は1時間ほど、完全撤収まで2時間弱という早業である。


 

ホームドア運搬台車 KB031

キャビン車 CB010-N2